上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キセキ 5
スポンサーサイト
先週の日曜日の出来事だった。

友達がボランティアで手伝いに来てくれました。朝一番に、彼曰く「松村さん、インターネットで見れる大量の牛の死骸を見たい。そこへ連れて行って下さい。」と私はあまり気乗りがしなかったが彼の頼みに応じる事にした、そこは軽トラックで10分ぐらいの所である。歩いて牛舎に近ずくと今だに悪臭が鼻を突く。彼は携帯電話のカメラで写真を撮りながら、あっちこっちと歩き回った。

その時、牛舎の通路に一匹の犬を発見した。傍に行き良く観るとボロ雑巾の様な犬が横たわっていた。艶のない毛はほとんど抜け落ち、息ずかいも荒く、立ち上がる事さえも出来ず、目もうつろだった。(直感的にこれは今日、明日の命と思った。)

「最悪の状態だ。松村さん、この犬どうするんですか?」と彼が私に言った。私は「今日、ここで会ったのも何かの運命だ、助ける」と。すると彼は素早く反応して箱を見つけて来た。犬はぐったりして、されるがままに箱に入れ車まで運んだ。取りあえず水を飲ませようとしたが飲まない。(飲みたくないのか、飲む力もないのか) かなり衰弱が激しい様だ。

私は彼に言った「今日のスケジュールは全部キャンセル。今から病院へ直行だ」と。彼もそれに従った。道中、車の中、二人で話し合った。今日は日曜日だ、病院やってるか ? とか、この犬、助かったら奇跡だなとか、この毛が元通りに成るかなとか……

そうこうしているうち小一時間で病院に着いた。不安は的中した。病院は休みだ。電話をかけるも留守番電話で話しにならない。次の病院へ向かった。ここも玄関が閉まってた。万事キュースかと思ったら駐車場側の窓が空いていたので声をかけた。すると人の良さそうな先生の奥さんらしき人が応対してくれた。でも答えは、先生が居ないので駄目ですと断わられた。それなら日曜日にやってる病院は在りますかと尋ねると、何かを見て調べてくれた。すると小名浜に一軒日曜日でもやってる病院があると教えてくれた。

早々に病院名と電話番号を聞き小名浜に向かった。やっと着いた(ここまで来るのに、二時間以上かかった) 時計は、三時ちよっと前。玄関のドアノブに手をかけても鍵が掛かっている。あれっと思い、電話で確認してみると、午後の部は、四時から八時まで、急患の場合は……と留守番電話になっていた。一応、急患ですと留守電にいれた。暫らく待つも応答が無い。また二人で困ってしまった。どうしようも無い。四時まで待つしかまい。あと一時間ちょっとある。

二人共、昼飯が未だだった。犬を車に乗せたまま病院の駐車場におき、歩いてラーメン屋に行った。ラーメンを二つ頼んで三分もしないうち病院から電話が掛かって来た。「どんな要件ですか」と言うので犬がかなり衰弱してると言うと、「何処に犬が居るのですか」と聞いてきたので、病院の駐車場、軽トラックに乗って居ますと言うと、犬を観た先生がこれは危ない状態だ、時間外でも診察して良いですかと言うので、お願いしますと言った。二人は急いでラーメンを食べ病院に戻った。

車の周りが水びたし。何か変だなと思い、病院の中に入った。先生が私達を確認すると怒った口調で「この犬は日射病になっている。熱が四十度もある。何でこんなに成るまでほっといた」と一括された。

私達は顔を見合わせた。多分、先生は、私達がこの犬を飼っていて、こんなに成るまで病院にも連れて行かないで虐待したと感違いしているなと思った。でも先生の怒りはまだまだ続いた。怒った口調で診察の経過を説明してくれた。「熱は下がった。点滴もした。フェラリアが有るだろうからカイセンの治療は今は出来無い。多分、感染症にも掛かっているだろう」と説明してくれた。

今度は私が先生に頼んだ。「犬を入院させてください。私が持ち帰っても何の治療も出来無いので」と言うと、先生が「そしたら明日の夜八時までに引き取りに来て下さい」と言ってくれた。

今度は書類に住所、名前を書かされた。次は治療費の説明だ。それでもまだ先生は私達を疑いの目で物を言ってきた「急患の診察と熱冷ましが、六千円。一日入院費用。合わせて二万円」だと。だから俺も行った。お金は幾ら掛かっても良いからちゃんと診てくれ」と。

それと俺は変な奴でないから、インターネットで調べてくれと言って帰って来ました。

この次は、又明日にしましょう。


An incident happened last Sunday.

A volunteer friend came to help me. First in the morning, he said, "I want to see all the dead cows that you can see on the Internet. Would you please take me there?" I wasn't really thrilled by it, but I decided to honor his wish. It takes only 10 minutes to get there by my little truck. We walked over the cow pen. The smell hit our noses. He wandered around, taking pictures with his cellphone.

Then we found a dog. We got close and took a close look at it. The dog was lying down and looked like a worn-out rag. Its hair was almost gone, only some unshiny hair left. It breathed hard. It didn't look like it could stand up. Its eyes were vacant. (Instinctively I thought it would live only a day or two more.)

"It looks terrible," he said, "What are you going to do with this dog, Mr. Matsumura?" I said, "It must be some kind of fate that we found this dog today. We help it." Then he instantly moved around and came back with a box. The dog looked totally fatigued. It let us do whatever we felt needed, and we put it in the box and carried over to my little truck. We first tried to let it drink some water, but it didn't drink. (I didn't know if it didn't want to drink it, or didn't even have any energy to drink anything.) It surely looked overly worn out.

I told him then, "We have to cancel all our schedule today. We have to go see a veterinarian." He agreed. On the way, we talked about various things in my truck. It was Sunday. Is an animal hospital open? It would be a miracle if this dog survives. Would this dog's hair grow back? etc.....

After an hour or so, we arrived at an animal hospital. Our worry was right. It was closed. We called, but it was an answering machine. We went to another animal hospital. The door was closed there, too. We were helpless. Then I noticed a window facing the parking lot open. I hollered. Then a lady that looked like a doctor's wife came out. She said the doctor was not there. So, I asked if there was any animal hospital that could be open on Sunday. She looked up on something. Then she told us there should be one open on Sunday in Onahama.

We asked its name and phone number and went for it. We arrived there. (It took us over two hours.) My watch said it was a little before 3 p.m. We tried to open the door, but the door was closed. Hmmm. I called its phone number. The outgoing message said the hospital would be open from 4 p.m. to 8 p.m. for the evening. "If it's emergency, ....," the answering machine went on. I left my message it was an emergency, just in case. We waited for a while, but there was no response. We didn't know what else to do. We were hopeless. We just had to wait till 4 p.m. We had about an hour till 4.

We hadn't eaten our lunch yet. We left the dog in my truck in the parking lot and walked over to a ramen noodle shop. Within 3 minutes after we both ordered ramen noodles, I got a call from the animal hospital. A man on the phone asked how he could help us. I told him we had a dog that was really ill. Then he asked where the dog was. I said it's in my truck in the hospital's parking lot. Apparently, he went out to see the dog in the parking lot, came back and said it was in a dangerous state and asked if he could take a look at it, though it was still before his afternoon hospital hours. I said, "Please do." My volunteer friend and I ate our ramen noodles quickly and returned to the hospital.

We came back to my truck. I saw it was all wet around the truck. I kinda felt strange. Then we went inside the hospital. When the veterinarian saw us, he angrily said, "This dog got sunstroke. His body temperature is 40 degrees {(celsius), or 104 degrees Fahrenheit}. How come you didn't do anything about it till now?"

My friend and I looked at each other. Probably he mistakenly thought we owned the dog, and we were abusing it. His anger still continued. He explained in a resentful tone that the diagnosis and how the dog has been. "Its fever has gone down. I gave it an IV. It looks like it's got filariasis, and so I can't do much about its mange right now. Probably it got an infection, too."

I then asked him, "Would you please keep it for the night because I won't be able to help him at all at my home?" He replied, "Then please come pick it up by 8 p.m. tomorrow."

After that, I wrote down my name and address. The veterinarian then talked about the the cost of the treatment. He was still speaking with a suspicious look. "The price of the emergency checkups and putting his body temperature down would be ¥6,000, or $73. With the cost of hospitalisation, it will be ¥20,000, or $242. I then told him, "Please help this dog no matter how much it would cost."

I added, "I'm not a weird person. You can research on me on the Internet." And I left for home.

I'll write more tomorrow.
2012.08.19 三回目の去勢
これが、雄牛の去勢手術です、全身麻酔で痛みは感じ無いと思います。
三回目の雄牛の去勢手術の為に又、岩手大学の先生が来てくれる事に成りました。 柵の中の雄牛は、去勢済みですがまだ放れ牛の中に数頭の若い雄牛が居るのです、こいつらが問題なのでだ、何度となく追い込みに失敗した、その度に彼らは、賢く成り今では、柵の入口付近まで追うと全力出走で逃走する様に勉強しちゃったのです。 大学の先生が来る前に、雄牛の捕獲用の仮柵を何とか考えて作らないと……今から現場に、直行しまーす。今日も暑いけど、頑張りまーす、皆さんも頑張ってくださーい ! !
2012.08.15 水汲み
ポリタンクで、100リットルずつ合計700リットルの水を、軽トラックで運んだ。水桶に水を入れても、 入れても、最初は水が全然溜らず(牛が、次々と来て飲み干す為)疲れが、どっとでた。 思わず牛に、頼んだ「おめーら、いい加減にしろ……」でも、牛は、聞く耳持たずでした。 あー、早く枯れた井戸に水が溜まってくれー. ! ! 追伸 誰か、枯れ井戸に塗る薬が有ったら送ってください。 それでは、世の中の皆さん、ビールで、カンパーイ ! !
2012.08.14 涸れた井戸
一つの柵の井戸が、連日の猛暑で涸れてしまった。これから暫らくの間、井戸水は使えないので水汲みの作業をしなくてはならなくなってしまった。牛、四十頭が一日に呑む水の量は、この猛暑だと、 1000リットルでも足りないだろう ? 少しまとまった雨が欲しい。 牛達も、猛暑の日中は日陰でくつろいでいる、流石に、真夏の毛皮のコートは、きついだろう。 お盆が過ぎれば、少しは涼しくなるだろうから、牛達、頑張れ !! 俺たちも頑張るから。
2012.08.10 ロール運搬
今日は、四トン車に野菜を付け希望の牧場へ行きました。
吉沢さんにお願いして、野菜とロール(牧草)を物々交換して貰いました。
吉沢さんいわく「牛もたまには、ロールより野菜の方がいいだろ」!? と言いましたが、中身は大根だけ。ははは
本当に、美味いのか? 牛にききたい。

午後から役所(郡山)へ 直行、義援金の書類を作成、提出してきた。(遠藤さんと一緒に、審査が通ればいいが?)
んー眠い おやすみなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。